2018年07月03日

014: very tiny bear VS Big horn deer

_MG_3203.jpg

_MG_3238.jpg

A very small bear wanted to take sumo.
It was because he felt he was getting stronger.
"I am a dragon. I am a tiger."
He is a bear, but the feeling that he is strong is getting very big.
When he was looking for "prey", He met a big horn deer.

Big horn deer had a very respectable horn.
A fellow's deer had cut down the corner to prepare a small horn but did not dare to deal with a big horn deer.
The bigger the angle the better.
It is better for the curry to have a bigger ingredient.
He was such a deer.
The horn grew steadily and gradually began to boast to his colleagues.
Look at my horn. I am strong. That has become his habit.
And he also was looking for "prey" at that time to show off his power.

A very small bear challenged a big horn deer.
A big horn deer, of course, got the game.
They decided to play sumo wrestling seriously.

A very small bear got a hand on the ground.
"HAKKEYOI !"
The bear gets a voice.
A big horn dealt with the ground as well.
"NOKOTTA !"
A deer also makes a voice.
The moment when the two tried to hit
DOOOON!
A big horn dead collapsed.
The deer was too big to support and it collapsed.
A very small bear won.
However, the feelings of the bear cloudy for some reason.
The bear looked up at the sky for a while, looking at the very splendid horn of the fallen deer.
A very small bear was silent and left the spot.

...next episode


とても小さな熊は、相撲をとりたがっていた。
自分がとても強くなっていた気がしていたからだ。
自分は龍だ。自分は虎だ。
彼は熊なのだが、自分が強いという気持ちはとても大きくなっていた。
彼が”獲物”を探している時、大きな角の鹿と出会った。

大きな角の鹿は、とても立派な角を持っていた。
仲間の鹿は角を削り小さな角に整えていたのだが、大きな角の鹿は、あえてそうしなかった。
角は大きい方が良い。
カレーだって具が大きい方が良い。
そういう鹿だった。
角はどんどん大きくなり、やがて仲間に自慢するようになった。
俺の角を見ろ。俺は強いんだ。それが彼の口癖になった。
そして、彼もまたその時、自分の力を誇示するべく、”獲物”を探していたのだ。

とても小さな熊は、大きな角の鹿に勝負を挑んだ。
大きな角の鹿は、もちろんその勝負を受けた。
彼らは、相撲の真剣勝負をすることになった。

とても小さな熊は、地面に手をついた。
「ハッケヨイ!」
熊は声を出す。
大きな角の鹿も地面に手をついた。
「ノコッタ!」
鹿も声を出す。
両者がぶつかろうとした瞬間
ズドーン!
大きな角の鹿が倒れた。
鹿は角が大きすぎて支えきれず、倒れてしまったのだ。
とても小さな熊は勝ったのだ。
しかし、熊の気持ちはなぜか曇った。
倒れている鹿のとても立派な角を見て、熊は少しの間、空を見上げた。
とても小さな熊は無言で、その場を立ち去っていった。

つづく…
posted by ZANY FABA at 20:52| 日記

2018年04月30日

013: very tiny bear

_MG_3219.jpg

The reason why a very tiny bear aimed for sumo wrestling.
There is a slightly complicated reason for this.
A very tiny bear had a strong father.
His father was always a champion at a sumo wrestling competition in a group.
Such a father was proud of him.
But, what he was curious about was fashion
There is nothing he can does about it.
My father brought a very tiny bear to various places in order to put muscle strength even a little.
Salmon taking special training in the early flow of the river.
It is to train his legs.
Nail clike special training at big tree of 200 years old.
It is to train the power of the arm.
Watching a practice match with Kintaro.
It is to fight a fighting spirit.
But a very tiny bear did not feel like it.
Because when his body gets bigger, his favorite jeans will not come in.
His father was amazed at his son who was influenced by Shinjo.
His did not think to accept his father.
And a little before winter.
His father, who got on the ski, got out of speed and had an accident and died.
A very tiny bear received a big shock.
At the same time it took great responsibility.
He did not cry.
He think he would not cry if that strong father.
He turned up to look at the sky.
I wonder if he was crying.
No one knew it.
The next day, a tiny small bear wore "MAWASHI".
He is a type that enters from the shape.
And said he aimed for a good sumo wrestler.
He has been watching over the top of it since then.

next episode...


とても小さな熊が相撲取りを目指した理由。
これにはちょっとだけ複雑な理由がある。
とても小さな熊には、強い父親がいた。
父親は仲間内でやる相撲大会でいつもチャンピオンだった。
そんな父親が、彼には誇らしく見えていた。
しかし、とても小さな熊の興味があることと言えば、ファッションのことだったのだ。
こればかりはどうしようもない。
父親は少しでも筋力をつけさせるために、とても小さな熊を色々な場所へと連れて行った。
川の流れの早いところで鮭取り特訓。
足腰を鍛えるためだ。
樹齢200年の大木での爪とぎ特訓。
腕の力を鍛えるためだ。
金太郎との練習試合の観戦。
闘争心を養うためだ。
しかし、とても小さな熊は気分が乗らなかった。
体が大きくなると、お気に入りのジーパンが入らなくなるからだ。
父親は、新庄選手に影響を受けた息子に呆れ果てた。
とても小さな熊も、受け入れてもらおうとは思わなかった。
そして、少し前の冬。
スキーに乗った父親は、スピードを出しすぎて事故に遭い、亡くなってしまった。
とても小さな熊は、大きなショックを受けた。
と同時に大きな責任を背負ったのだ。
彼は泣かなかった。
きっとあの強い父親だったら泣かないだろうと思ったからだ。
彼は空を見るように上を向いた。
泣いていたのだろうか。
それは誰にも分からなかった。
次の日、とても小さな熊は”まわし”を着けた。
彼は形から入るタイプだ。
そして、立派な相撲取りを目指すと言った。
彼はそれからずっと上を見続けている。

つづく。
posted by ZANY FABA at 20:02| 日記

2018年03月26日

012: regular customer

_MG_3218.jpg

_MG_3181.jpg

There are many regular customers in the restaurant of the small chef.
A regular customer has "very tiny bear".
It is a very tiny bear to sit at that big seat at a table quietly.
The bear winds up a mawashi of the sumo.
His voice is muffled up.
Small chef is aware that he is doing it on purpose.
It is occasionally to become a normal way of speaking.
Perhaps, a very small bear feels a big sumo wrestling.
The seat always designates a seat of a large table.
Usually six people can sit down.
A small chef passes silently to that seat.
Very tiny bears order Weight-gaining stew for sumo, Ochazuke and Napolitan every time.
Weight-gaining stew for sumo and Ochazuke are slowly slowly eating somehow,
Always give up before you get into Napolitan.
Because he knows that, from a certain time small chef 's lunch had become cold napolitan.
Anyway, because he is a sumo wrestler, Weight-gaining stew for sumo and Ochazuke are obliged and eaten.
It is a selfish image.
Probably, what you really want to eat is Napolitan.
A small chef complains to the customer.
But in his heart he call him a "sumowly" with a slight irony.

next episode...


小さなコックのレストランには、常連客が多い。
その中の一人に、"とても小さな熊"がいる。
あの大きなテーブル席にちょこんと座っているのが、とても小さな熊だ。
熊は相撲のまわしを巻いている。
喋り方も少し、こもっている。
小さなコックは、その喋り方が、わざとだと気づいている。
気を抜くと普通に喋る時があるからだ。
きっと、とても小さな熊は、大きな相撲取りの気持ちでいるのだろう。
席は、いつも大きなテーブルの席を指定する。
普通は6人は座れる席だ。
小さなコックは、黙ってその席へ通す。
とても小さな熊は、毎回、ちゃんこ鍋とお茶漬けとナポリタンを頼む。
ちゃんこ鍋とお茶漬けは、ゆっくりゆっくり、何とか食べるのだが、
いつもナポリタンに手をつける前に、ギブアップするのだ。
それが分かっているから、いつの頃からか小さなコックのお昼ご飯は、冷めたナポリタンになった。
とにかく自分が相撲取りであるから、ちゃんこ鍋とお茶漬けは義務感で食べるのだ。
勝手なイメージだ。
おそらく、本当に食べたいものはナポリタンなのだろう。
小さなコックは、お客に文句は言わない。
でも、心の中では、少し皮肉交じりに彼のことを"席取り”と呼んでいる。

つづく。
posted by ZANY FABA at 18:30| 日記
zanyfabalogo2.jpg

 Return to TOP page