2017年12月09日

Christmas special episode 002

_MG_3302 (1).jpg

Great work got into the reindeer.
Carrying a beautiful wreath gift for Christmas.
It was a gorgeous wreath that looked dazzling.
He could not sleep with his heart pounding on the night before Christmas.
And it is finally Christmas day.
He was exhausted by his throb and fell asleep.
The reindeer who got up in a hurry runs down the mountain at a stroke.
Hurry up, hurry up.
It has become night, but he managed to reach the destination's home.
However, he forgot the gorgeous wreath.
The falling reindeer.
A child in the house said to a dirty reindeer with leaves and a spider's web.
"A nice wreath, stay home for a while.”
The reindeer was made to attach ribbon.
His nose was bright red with joy.


トナカイに大仕事が舞い込んだ。
クリスマスに綺麗なリースのプレゼントを運ぶこと。
それは、目のくらむような豪華なリースだった。
クリスマスの前の夜、ドキドキして眠れなかった。
そして、いよいよクリスマスの日。
ドキドキに疲れ果て、眠ってしまっていた。
慌てて起きたトナカイは、一目散に山を駆け下りる。
急げ、急げ。
夜になってしまったが、なんとか届け先の家まで着いた。
しかし、肝心のリースを忘れてしまった。
うなだれるトナカイ。
葉っぱやクモの巣がついた汚れたトナカイに、その家の子供が言った。
"素敵なリース。しばらく家にいてよね。"
リボンを付けられたトナカイ。
嬉しさで鼻は真っ赤になっていた。
posted by ZANY FABA at 10:31| 日記

Christmas special episode 001

_MG_3295.jpg

Four birds were gathering in the mountains in the winter.
"Let's stay close and warm"
Someone said.
Four birds stuck together.
It is cold this winter.
"Let's not think it is cold"
Someone said.
Four birds made Zen meditation.
This winter is much colder.
"Let's warm up by moving the body"
Someone said.
Four birds started yoga.
Winter in the mountains is absolutely cold.
"Let's move to a warm place"
Someone said.
Four birds flew at once.
However, Four birds legs were intricately intertwined.
Still, four birds that desperately flapping and keep flying.
"It's a beautiful wreath!!”
Someone in the city who saw it said.
Today is Christmas.
The birds wreath was floating in a dark night sky.


冬の山奥に4羽の鳥が集まっていた。
寄り添いあって温まろう。
誰かが言った。
4羽はくっつきあった。
今年の冬は寒い。
"寒い"と考えないようにしよう。
誰かが言った。
4羽は座禅を組んだ。
今年の冬は一段と寒い。
体を動かして温まろう。
誰かが言った。
4羽はヨガをやりだした。
山奥の冬はどうしても寒い。
温かい場所に移動しよう。
誰かが言った。
4羽は一斉に飛び立った。
しかし、4羽の足は複雑に絡み合っていた。
それでも必死に飛び続ける4羽。
素敵なリースだね。
それを見た街の誰かが言った。
今日はクリスマス。
真っ暗な夜空に鳥のリースが浮かんでいた。
posted by ZANY FABA at 10:30| 日記

2017年11月23日

009: Mop Mammoth

_MG_3127.jpg

A shadow like a mop slowly walking.
He is a legendary mop mammoth.
It is neither too big nor aggressive.
He is, to a large extent, lonely.
He will never be wanting to be alone.
And he is extremely indecisive.

Slowly, slowly approaches a group of elephants.
The elephants thought that he saw this glitterly,
They scatter as if they remembered their purpose.
Even his appearance, oddity is added to suspicious behavior.

He just wants to make friends, but indecisive movement exceeds the imagination of what he see.
I think whether to come near here, or change the direction to a different place.
I wonder if he is going to get there, and it approaches.
Looking at him with an ordinary idea, it seems that you often lose sight of it.
In that way, he became a legendary animal.

Winter will come soon.
He knows the Ice Age of the heart.

next episode...


ゆっくりと歩くモップのような影。
彼が伝説のモップマンモスだ。
さほど大きくもなく、攻撃性もない。
彼は、大らかだが、寂しがりなのである。
一頭でいることを望んでいるわけでは、決してない。
そして、彼は極度の優柔不断だ。

ゆっくり、ゆっくり、象の群れに近づく。
象たちは、チラッとこちらを見たかと思うと、
それぞれが用を思い出したかのように散っていく。
彼の見た目もそうなのだが、不審な行動に奇妙さが上乗せされる。

仲間を作りたいだけなのだが、優柔不断な動きが、見るものの想像を超えるのである。
こちらに近づいてくるのかと思いきや、違うところに向きを変える。
そちらに進むのかと思いきや、近づいてくる。
普通の考えで彼を見ると、見失うことも多いようだ。
そうやって、彼は幻の動物と呼ばれることとなった。

もうすぐ冬が来る。
彼は心の氷河期を知っている。

つづく
posted by ZANY FABA at 19:53| 日記